アウトプットTIME

インプットした内容を皆さんの元に届くようにアウトプットをひたすらしていくブログです

英語の授業がない高校出身の私が海外留学で成長した圧倒的な裏技

 

 

 

 

海外留学とは一言でお伝えすると

 

「人生が180度変わる経験」です!

興味のある方には是非挑戦して欲しいと思いますが

実は、私は工業高校→大学→留学をしました。

 

普通高校の方には信じられないかもしれませんが、私が通っていた高校には

英語の授業と言えるものがありませんでした笑

月に一回ほど、ALTの先生と話すぐらいです。

そんな僕が、留学する大学に進学した理由は1つ!

 

「英語話せたらかっこいい」です笑

 

今思えば、全力で進学を応援してくれた家族や先生、友人に感謝です。

今日は、そんな僕が留学先で圧倒的に成長をした裏技を公開します!

 

入学して3日目で海外留学 

入学3日後に私は海外での生活をスタートしました。

高校時代の英語の授業がないとのことで、「中学生英語」のテキストを入学前に大学から

プレゼントされましたが、全く手につかず。

最初の1 週間は「YES」と「NO」しか口にしてないです笑

授業もアルファベットから始めた僕は半年後にはかなり話せていました。

実は、机に向かって勉強をしたわけではないんです。。

 

勉強ではなく〇〇に参加しまくった経験

 

私が圧倒的に英語を話せるようになった理由

それは、、、

 

f:id:s2142047:20200523195724j:plain

ひたすら飲み会に参加しました!笑

これ、一見遊んでるように見えますよね?

もちろん遊びもありますが、飲み会でひたすらコミニュケーションを取るんですよ。

最初の頃は、一言も通じませんが段々、通じるようになるんですね。

僕が行ったことは、飲み会前にノートに日常会話を書いてそれを持っていく。

そして、ノートを見ながら飲み会で話す。

人間って、頭で覚えるより話したらすぐに自分のものになります。

次の日には、そのフレーズを覚えて会話で使えるようになるんです!

さらに、海外の友達は「いや、ここが違うよ」とか「こう言ってみて」とか教えてくれるんですよ。

僕は、それを繰り返すことにより本からではなく自然に文法を覚えました。

そのため、「あ、この話し方は違うな」とはなりますが「助動詞」とか言われても分かりません笑

 

気づけば、周りの誰よりも話せるように!

半年以上経つと、周りより英語が話せるようになってました。

みんなが図書館で勉強している間に、海外の友人と会話をすることに集中をしました。

誘われた飲み会には参加して、一つでも会話の引き出しを増やす事に取り組みました。

話せるようになると、自然に文法も頭に入りTOEICは400点以上増えました。

とにかく話しまくる戦法は大成功でした!

 

留学を考えているあなたへ

 

皆さんに伝えたい事、それは留学の時に机に向かう時間はもったいないという事。

実は、留学に行ってもひたすら勉強をする人が多いです。

結果、海外の友人がほとんどいないという人もいました。

正直、机に向かう時間を増やすなら留学する必要はないと思います。

だって、日本でもできる事だから。

 

限られた留学の時間

私は、海外の人とコミニュケーションをとること、海外の友人を持つことで

圧倒的に英語力をあげました。

さらに、学んだことはこれだけではありません。

 

それは、

海外の人間性が素晴らしいということ

本当に心の広い人ばかりなんです。これを体験するのが留学だと思います。

留学では、コミニュケーションを取らなければ意味のない留学になります。

 

留学がすぐできない人へ

 

とにかく、英語を使うことをお勧めします。

僕のように「YES」と「NO」しか言えなくても大丈夫です。

使いまくるんです、ただがむしゃらに

3ヶ月もしたら、話せるようになったと実感がわきますよ。

「英語話せたらかっこいい!」そう思うあなたにも

英語を使う機会はいくらでもあります。

この機会に、自分を変えてみましょう!